選び方で悩む人へ!ローヤルゼリー調査結果

ローヤルゼリーの選び方や効果・効能・副作用などを解説

メインイメージ
画像
ランキングで比較する
私が体験してみた9種類のローヤルゼリー製品を順位付けしています。
画像
迷ったらコレ!
私的にはコレが一番オススメかも・・・という製品の体験談です。
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
しっかり肌を手入れしたい方に最適な美容アイテムです。まずは試してみよう!

ビタミンやミネラルが豊富

ローヤルゼリーには豊富なビタミン類やミネラル類が含まれていることでよく知られています。
では、ローヤルゼリーに含まれているビタミン類やミネラル類とはどんなものなのでしょうか?

【ローヤルゼリーのビタミン類とは】
ローヤルゼリーには10種類ものビタミン類が含まれています。
小さなミツバチたちが作り出すローヤルゼリーに、それほど豊富なビタミン類が含まれていることに驚く方もいるかもしれません。

ローヤルゼリーのビタミン類で注目したいのが、関節痛や神経痛を防ぐ働きのあるビタミンB1、タンパク質や脂肪の代謝を援けるビタミンB2とB6、赤血球の生成を促進するビタミンB12などの「ビタミンB群」です。

この「ビタミンB群」は穀類の胚芽やレバー、かつお、まぐろなどにも含まれていますが、残念なことに加熱に弱く水に溶けやすいという性質があります。
つまり、せっかく「ビタミンB群」を含む食品を摂取しても、煮たり焼いたりすると栄養素が失われやすくなってしまうのです。

そうした意味からも、ローヤルゼリーという形で「ビタミンB群」を摂取するのは効率の良い方法といえるでしょう。
同じような成分を含むもので青汁があります。
こちらに美容に効く青汁の効果効能を知ることができる解説サイトがありますのでよかったら参考にしてください。

【ローヤルゼリーのミネラル類とは】
ローヤルゼリーに含まれているミネラル類は9種類あります。
その主なミネラル類としては、次のようなものが挙げられます。

・カルシウム
 骨や歯の健康には欠かせないミネラルで、不足すると骨粗しょう症などの要因となります。また、カルシウムが不足するとイライラの原因になるという説もあります。
・ナトリウム
 暑さによる疲労を防ぐ働きがあり、ほかのミネラル類の吸収を助ける作用を持っています。筋肉や神経の正常な働きをサポートする役割を担っています。
・マグネシウム
 別名「骨のミネラル」とも呼ばれ、カルシウムとともに摂取すると代謝を促す働きがあります。また、精神的な安定をキープする効果も期待できます。
・亜鉛
 細胞分裂を促進する働きを持つミネラルで、不足すると味覚障害や皮膚炎、免疫力の低下を招くことがあります。
・マンガン
 別名「代謝のミネラル」とも呼ばれ、糖質や脂質の代謝を促す働きがあります。不足した場合、糖尿病などの原因になることがあります。
・その他
 カルシウムと結合して骨や歯の健康を守るリン、血液中のヘモグロビン生成を助ける鉄、ガン予防の働きで知られるセレン、高血圧の予防に役立つカリウムなどが含まれています。

小さなミツバチたちが作り出すローヤルゼリーには、上記のように多彩なビタミン類やミネラル類が豊富に含まれています。
食品だけでこれだけの栄養素を摂取するのは大変ですが、ローヤルゼリーを上手く利用するとバランス良くビタミン類やミネラル類を摂ることができるわけですね。
こちらのサイトhttp://xn--2ck2dtaci4ge.tk/や、こちらのサイトxn--2ck2dtaci4ge.tvも、とても参考になりますのでご覧ください。お勧めのサイトです。