選び方で悩む人へ!ローヤルゼリー調査結果

ローヤルゼリーの選び方や効果・効能・副作用などを解説

メインイメージ
画像
ランキングで比較する
私が体験してみた9種類のローヤルゼリー製品を順位付けしています。
画像
迷ったらコレ!
私的にはコレが一番オススメかも・・・という製品の体験談です。
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
しっかり肌を手入れしたい方に最適な美容アイテムです。まずは試してみよう!

ローヤルゼリーとアミノ酸

ローヤルゼリーには各種ビタミン類やミネラル類のほかに、健康づくりに欠かせないアミノ酸が豊富に含まれています。 アミノ酸というと最近ではドリンク剤やサプリメントなどにも数多く利用されていますが、ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸の種類や働きとはどのようなものなのでしょうか?

【22種類のアミノ酸】
ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸は全部で22種類あります。
うち、生命維持に必要とされる必須アミノ酸が8種類、それ以外のアミノ酸が14種類と豊富なアミノ酸に恵まれているのがローヤルゼリーなのです。

アミノ酸にはさまざまな働きがありますが、なかには人間の体内では生成が行なわれず、食物やサプリメントという形で補充しなければならないものもあります。
こうしたアミノ酸をどのように摂取するのか、またどんなアミノ酸がどのような効果があるのかなどをご紹介していきましょう。
また、こちらのローヤルゼリーに含まれるビタミンについての記事も参考にご覧ください。

【ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸】
●必須アミノ酸(8種類)
・BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)
 タンパク質を増やす働きや運動時のエネルギー源となります。持久力を高める、疲労感を軽減するという作用も示唆されています。
・メチオニン…体内でさまざまな物質を生成するときに用いられるアミノ酸です。
・スレオニン…酵素の活性部位を形成する際に用いられるアミノ酸です。
・トリプトファン…ホルモンや神経伝達物質のアミンなどの生成に用いられます。
・フェニルアラニン…ホルモンや神経伝達物質のアミンなどの生成に用いられます。
・リジン…精白米や小麦粉では不足しがちで、不足すると成長障害の原因となります。

●非必須アミノ酸(14種類)
・アスパラギン酸…速効性のエネルギー源となり、栄養剤などの成分としても有名です。
・グルタミン酸…速効性のエネルギー源となり、運動時の疲労回復を促進します。
・アルギニン、…血管を拡張して血流を促すなど血管の機能を正常に維持します。
・グリシン…神経ネットワークに関わり、運動時の体の調節を行ないます。
・ヒスチジン…ストレス軽減や慢性関節炎を改善するなどの働きがあります。
・チロシン…無気力感や循環機能の低下、低体温などを防ぎます。
・アラニン…肝臓のエネルギー源であり、アルコール代謝を改善します。
・シスチン…傷の治癒を促進したり、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。
・プロリン…コラーゲンの主要成分で、速効性のエネルギー源です。
・セリン…グリセリン酸の生成やリン脂質の生成に関わるアミノ酸です。
・タウリン…交感神経を抑制する働きや、高血圧を改善する働きがあります。
・その他…βアラニン、γ―アミノ酪酸、ビドロキシプロリンなどが含まれています。

ローヤルゼリーには有用な働きをもつアミノ酸が豊富に含まれています。
いつまでも若々しく健やかな生活を送るために、また美白肌つくりなど美容のために、ローヤルゼリーを上手に活用してみてください。

こちらの www.ableresources.orgにも、わかりやすい解説がありましたので、ぜひご覧になってみてください。