選び方で悩む人へ!ローヤルゼリー調査結果

ローヤルゼリーの選び方や効果・効能・副作用などを解説

メインイメージ
画像
ランキングで比較する
私が体験してみた9種類のローヤルゼリー製品を順位付けしています。
画像
迷ったらコレ!
私的にはコレが一番オススメかも・・・という製品の体験談です。
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
しっかり肌を手入れしたい方に最適な美容アイテムです。まずは試してみよう!

ローヤルゼリーに副作用はある?

健康や美容をサポートしてくれると大人気のローヤルゼリーですが、気になる副作用などはないのでしょうか?

ローヤルゼリーには、基本的に特別な副作用といったものはありません。
本来、副作用という言葉は薬剤に対して使うものですので、健康食品であるローヤルゼリーには副作用はないということになります。
ただし、個人の体質によっては副作用に似た症状が出ることもあります。

ローヤルゼリーの副作用?】
ローヤルゼリーを摂取したとき、想定される副作用としては「アレルギー症状」が挙げられます。
アレルギーとは生体が特定の物質に対して過敏な反応を示すことをいいます。

ローヤルゼリーはミツバチが咽頭腺などから分泌する物質ですが、ハチ自体が蜜や花粉を食糧としているため、そうした成分がローヤルゼリーにも影響を与えています。
これらの成分がアレルギー源となる体質の人の場合は、ローヤルゼリーを摂取することでアレルギー症状が出る可能性もあります。
たとえば、ぜんそくやアトピー、花粉症といった症状のある人は、ローヤルゼリーの摂取で過敏反応を起こす可能性も考えられるわけです。
また気になるローヤルゼリーと蜂蜜の違いについても参考にご覧ください。

ローヤルゼリーの摂取量の目安は500~3000mg(/日)程度とされていますが、もしアレルギー反応などが心配だという場合は、少量からの摂取にトライしてみることをオススメします。

ローヤルゼリー摂取の注意点
もともと、ローヤルゼリーは生で摂取する方法で利用されていました。
しかし生のローヤルゼリーは酸化しやすいというデメリットとともに、刺激のある味で飲みにくいという欠点もあります。
保存がむずかしく飲みにくい味のローヤルゼリーを手軽に摂取できるようにしたのが、「乾燥ローヤルゼリー」という方法です。
こちらのサイトでは、ローヤルゼリーの安全性について解説していました。

この「乾燥ローヤルゼリー」は生のローヤルゼリーを研究開発した方法で乾燥させ、品質を落とさずに保存ができるように加工したものです。
現在、一般に流通しているローヤルゼリーのサプリメントの多くはこの「乾燥ローヤルゼリー」を使用しています。

もしローヤルゼリーをサプリメントという方法で摂取する場合は、商品に付されている摂取の目安量などを参考にしてください。
また、生ローヤルゼリーを摂取する場合には、品質の劣化を招かないように冷蔵庫などで保存し、酸化防止のために容器のフタを開けっ放しにしないように注意しましょう。
気になるローヤルゼリーが持っているカロリーについても参考にご覧ください。

ローヤルゼリーで健康生活
ローヤルゼリーは健康食品であって医薬品ではありません。
しかし、もし現在、何らかの病気で医者にかかっている人、妊娠中の女性の場合は摂取に際して担当の医師にご相談されることをオススメします
元気で健康的な生活を送るためにも、またさまざまなリスクを避けるためにも、充分な配慮をもってローヤルゼリーを利用してください。
またローヤルゼリーの消費期限についても参考にご覧ください。