選び方で悩む人へ!ローヤルゼリー調査結果

ローヤルゼリーの選び方や効果・効能・副作用などを解説

メインイメージ
画像
ランキングで比較する
私が体験してみた9種類のローヤルゼリー製品を順位付けしています。
画像
迷ったらコレ!
私的にはコレが一番オススメかも・・・という製品の体験談です。
画像
ローヤルゼリーもっちりジェル
しっかり肌を手入れしたい方に最適な美容アイテムです。まずは試してみよう!

ローヤルゼリーの成分と栄養素

ローヤルゼリーは美肌つくりやアンチエイジング、高血圧やコレステロール、更年期障害の改善などに効果が期待できる栄養物質です。
若々しく健やかな毎日をサポートしてくれるローヤルゼリーですが、果たしてどのような成分や栄養素が含まれているのでしょうか?
こちらのページ、ローヤルゼリーの効果・効能とはにも詳しく解説されていました。

【8種類の必須アミノ酸】
必須アミノ酸とは、人間の生命を維持していくのに不可欠なアミノ酸のことをいいます。
ただし、このアミノ酸は人間の体内では作り出すことができないため、食物やサプリメントといった何らかの形で体外から摂取しなくてはなりません。

ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸としては、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、メチオニン、スレオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、リジンが挙げられます。
人間が必要とする必須アミノ酸は9種類ありますが、ローヤルゼリーにはそのうちの8種類もが含まれているのです。
【14種類のアミノ酸】 ローヤルゼリーには上記の8種類の必須アミノ酸のほかに、健やかな体つくりに欠かせない14種類のアミノ酸が含まれています。
たとえば、速効性のエネルギー源となるアスパラギン酸やグルタミン酸、血管の機能を正常に維持するアルギニン、神経ネットワークに関わるグリシン、ヒスタミンを作る働きがあるヒスチジン、有用なアミンを生成する材料となるチロシン、肝臓のエネルギー源となるアラニンなどがあります。
ほかにも、ローヤルゼリーにはシスチン(システイン)、プロリン、セリン、ビドロキシプロリン、タウリン、βアラニン、γ―アミノ酪酸などのアミノ酸が含まれています。
こちらに詳しくローヤルゼリーの体験談も書かれているので参考にご覧ください。

【10種類のビタミン類】
ビタミンといえば健康つくりには無くてはならない栄養素ですが、ローヤルゼリーには10種類の有用なビタミン類が含まれているのです。
ローヤルゼリーに含まれているビタミン類は下記の通りとなります。

・ビタミンB1…炭水化物の代謝を促し、関節痛や神経痛などを予防します。
・ビタミンB2…タンパク質や脂肪の代謝を促し、口角炎や口唇炎を予防します。
・ビタミンB6…炭水化物や脂肪の代謝を促し、口角炎や口唇炎を予防します。
・ビタミンB12…赤血球の生成を促し貧血などを防ぎます。
・葉酸(ビタミンM)…タンパク質の生成や赤血球の生成を促進します。
・パントテン酸…脂肪酸の代謝を促し、コレステロールを正常に保ちます。
・ビオチン…脂肪酸の代謝を促し、脱毛や不眠などを予防します。
・ナイアシン…脂肪や糖分の代謝を促し、アルコールの分解を助けます。
・イノシトール…脂肪が肝臓に蓄積するのを防ぎます。
・コリン…リン脂質を作り、脂肪肝を防ぎます。

【9種類のミネラル類】
ローヤルゼリーには健康な体つくりをサポートしてくれる9種類のミネラルが含まれています。
その9種類のミネラルとは、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガン、リン、鉄、セレン、カリウムで、いずれも私たちの体には欠かせないものばかりです。
こちらのサイトの自律神経を整えてくれるローヤルゼリーについての解説も大変興味深いです。